記録的な猛暑が続いています。
  日々、コロナと熱中症が競うように救急搬送される様子が、報道されています。
       外に出れば、二大大敵が待ち構えているようで、できる限り、出たくありません。
  ステイホームが暮らしの中に浸透してきた今、ならば、ホームを居心地良いものにしよう、
  という流れができるのは、当然のことでしょう。
  
  計らずも、遠音9月展の「私と暮らしたものたち」は、そんな家居を後押しするのに
  役立ちそうです。今回は、とある女性の、断捨離partⅡなのですが、日用品と言っても
  ワンランク上のものばかり。
  彼女のセンスの良さは、かつて服飾デザイナーとして活躍されたことを思えば、納得です。
    DM9月展 

   
   遠音のイチヂクが、いま旬を迎えていますが、今年は大いに、異変アリ。
   この干ばつで樹が傷んで、このところ瑞々しい実をつけなくなりました。
   もう限界とばかり、硬い実をポロポロ落とします。自分(イチヂク本体)が枯れて
   しまわないよう、まず実を落し、次いで葉を落し、命を守っているのです。
   見た目には、一見元気に見えますが、この水不足は深刻です。
   
   樹いちぢくの
                        いちぢく