3月の遠音は、「第8回 モンカーダ児島芸術祭2019」の一部分を担って、マルタ・モンカーダの
  絵画や造形作品を展示しています。
  この芸術祭の本拠地は、倉敷市児島の旧野崎家住宅や由加神社本宮などですが、マルタさんの
  作品の多くは、遠音に展示しています。彼女のアート活動の中心はバルセロナなので、2月に
  スペインから、作品をごっそり持って岡山へやってきました。
  スペインの色はからりと明るくて、軽やかで、3月の遠音は急に春が来たようです。
   
マルタショール    
                                    マルタ クロス
                      


      ようやく寒さも解けた2月末日、九州は小倉から1時間ほど、筑豊の炭鉱王・伊藤伝右衛門の
  本邸へ行ってきました。その邸宅の壮大さもさりながら、ここが多くの人を惹きつけるのは、
  大正の三美人と言われた歌人・柳原白蓮が暮らした家だからでしょう。
  しかし伝右衛門との間に愛はなく、大正10年、ついに世に言う「白蓮事件」を起こします。
  7歳年下の弁護士の元へ出奔、世を騒がせて、10年の結婚に終止符を打ちました。時に36歳。
     写真上は、白蓮の部屋。この自室で煩悶したのかも。。。
     写真二段目は、白蓮が思案にくれて眺めたであろう、2階自室の窓。
     写真三段目は、白蓮の部屋に飾られたお雛様。立ちびな。
             白蓮の部屋
     白蓮の窓1    白蓮の窓2    
           立ちびな
   白蓮邸宅庭園