世は花盛り。遠音の庭も花盛りです。
  春の連休が始まりますね。どこへ行っても混みそうです。
  こんな時は、近回りで遊ぶに限ります。
  
  さて、遠音の5月は、尾崎敬徳さんの装身具展です。アクセサリーと言わないで
  「装身具」と言うのには、尾崎さんのこだわりが感じられます。
  倉敷にある彼の工房を訪ねると、一帯に緩やかなアナログ時間が流れているのが、
  肌で感じられます。できる限り、手づくりで、自給自走で、暮らせたらいいなという
  尾崎家の思いが、伝わってくるようです。
  尾崎さんの装身具は、そいういう中から生まれました。
  工房の中は小さな工具でいっぱい。それらが、収まるところに収まって、出番がくる
  まで、のんびり寛いでいるように見えます。それが一旦彼の手にかかったら、豹変して、
  こんな美しいものたちを、産み出すのです 。見事というほかありません。
  尾崎さん展 写真

  庭の花たちに混じって、こんな奇妙な草もあります。蝮かコブラみたい、、、
     まむし草オダマキ 鳴子ゆり
       しらん 白うつぎ姫
       上段左より、まむし草に似ているけれど??、オダマキ、鳴子ゆり
       下段左より 白花紫蘭 姫うつぎ