4月は、漆と吹きガラスの饗宴です。
  漆は、1昨年に続いて2度目の栢野茂さん。総社市在住で、吉備路の五重塔が、ご自宅の目前
  に見えるそうです。季節になると、アマチュアカメラマンが撮影に夢中になって、庭まで侵入
  して来られるとか。そんなのどかな環境で、栢野さんは漆器の制作に励まれています。
  今回は小鉢や盃、箸置き、箸など、生活に密着した小物を多く展示されるそうです。
  
  平田將人さんの吹きガラスは、6度目。もう皆さまお馴染みで、昨年グラスを3個買ったから
  今年は2個買って5客に揃えよう、というふうに、買い足しされる方もおられます。
  ワイングラス、冷酒器、お皿、鉢物など、暮らしの中のガラスを、お愉しみください。
  今年も新作のグラスが並ぶそうですよ。
    4月展写真 ガラス漆



  今年は桜が、例年より早くて、4月1日にはもう散り始めていましたね。
  遠音の八重桜も、例年は4月展の会期半ばに咲き、会期終了と共に散るのに、今年はすでに
  5分咲きです。会期中に花吹雪となりそう.......
                            遠音八重桜