ただいま遠音では、木口秀一さんの木の家具と、尾崎敬徳さんの彫金のアクセサリー展を
  開催中です。百年経ってもビクともしないだろうと思われるがっしりとした木の家具は、触って
  いて安心感があります。
    5月展 テーブル 人物なし5月展 机
   金・銀のアクセサリーには、女性を酔わせる魔力があるようです。じっと見とれて動かない
   姿に、女はいくつになっても女だな~と、感慨深いものがあります。 
   写真左:ブレスレット  右:イヤリングとピアス  
        5月展 ブレスレット5月展 イヤリング


   春の連休の半ばに、吉備高原へ行く途中の集落にある、花の里を訪ねました。
   定年近い一人の女性が、自分の生まれ育った谷を花で埋めよう!、という構想を持ち、
   実行に移して数年。 杉谷という谷は、お花で埋まってきました。
   春になれば花も咲くけれど、雑草も伸びます。その広大な面積を、雑草との闘いだと
       言います。古里の谷は、、眠ったように静かでありました。
          1花の里 花の里 3
               花の里 2