遠音の2月は、恒例となりつつある「古いもの市」です。
   全国津々浦々、空き家が社会問題となっている昨今、岡山にもその波は来ていて、家を処分する前に
   道具類を何とかしたい、という話をよく耳にします。
   今回、「姑が使っていた茶道具があるんだけど・・・」とか、「バブルのころ、気前よく買ったけど
   使わなくて」とか、「好きで集めたものだけど、子供もいないし、少しずつ手放そうかと思って」
   というような遠音の仲間も加わって、「古いもの市」をいたします。
   古いものたちが新しい場を得て、また愛用されるよう、願ってやみません。
         2月展 吉岡陶器
                        2月展 志保陶器