若い作家さんたちの自由な発想で、遠音もちょっと雑貨屋さん風になりました。
   軽やかで、楽しげで、いいですね!
      006
      005010
          ガラスの作品を飾る腰高の台も、鋳物作品です。こちらはガラスの猫ニャン。
                007
                ここにも現代アートっぽい作品が、、、。何に使うか、どう使うか
                ということは、それぞれにお任せのようです。。。