7月の遠音は賑やかです。県内外の作家4名と2組(夫婦)が、それぞれの「涼」を
   カタチにして、展示します。
   題して「青水無月」。和菓子にしたいような、美しい命名ですね。
   白神典大(ガラス)、三垣祥太郎(ガラス)、尾崎加奈(ガラス)、坂根秀子(ガラス)、
   NACO(草木染め)、岡野夫婦(鋳物、アクセサリー)。
  002
   春ころ、リーダー格の白神さんが、「楽しいことやろうと思うけど、いいですか?」と
   言っていたのが、このことだったのです。
   若い仲間たちの作品展だから、遠音もきっと若返ることでしょう。 楽しみです。