4月は丹波立杭より、市野秀之氏と田中聡氏、二人の作家の丹波焼が届きます。
  丹波立杭焼は日本六古窯のひとつに数えられ、その歴史は古く平安時代まで遡ると
  伝えられます。お二人は、代々に亘る陶芸の家に生まれ、作陶はごく身近な日常であり、
  きっと躯の芯まで土の匂いが沁みているのでしょう。
  丹波立杭の今後を背負うお二人の作品を、どうぞご覧ください。
     007

      
     
     琵琶湖の先に、余呉湖という小さな湖があります。夭逝の画家・三橋節子が愛した
     余呉のうみです。雨上がりの湖水に、柳が芽を膨らませていました。
   004005
         003001