立春を過ぎて、暦の上では春ですね。
  日脚も伸びてきて、本当の春もすぐそこです。
  
  さて、2月の「遠音」は、神戸淑子、吉岡久美子、坂下志保の3名が
  好きで集めた器や壺、漆器などを並べています。 
  明治、大正、昭和初期のものを中心に、現代のちょっとユニークな
  ものなど。そのまま日々の暮らしにとけ込み込みそうなものたちです。
     004