11月の『遠音』は、竹林和美さんの泥染めと、宮崎桂子さんの刺し子の二人展です。
  
  竹林さんは、大阪府茨木市にお住まい。ろうけつによる藍染作品を発表されていましたが、 
  その後、奄美の泥染に魅せられ、大島紬の色を現代の生活にマッチする作品に制作。
  ろうけつによる藍染、泥染の作家としてご活躍中です。その深みのある色合いは、多くの
  人を魅了してやみません。
  宮崎桂子さんは、ひと針ひと針、根気よく刺して、美しい構図に仕上げておられます。
  お二人の手仕事の温もりを、手にとってお確かめください。
         001


  
       季節外れの海。 DSC03958
                          女の子と、その妹でしょうか。。。