3月の『遠音』は、森のふくろうたちが勢揃い。
 ふくろうは、不苦労と言って、縁起物として愛好されています。
 また賢者の象徴でもあり、ふくろうの蒐集家は多いようです。
 何より、どこかユーモラスで愛くるしいところがいいですね。

 作家の森方さんは、京都府北西部の街・福知山市にお住まいです。
 作陶の傍ら、主に丹波高原に棲む動物の保護活動に取り組まれています。
 山の動物たちが冬ごもりをしている間、森方さんは本業の作陶に没頭されます。
 どんな作品ができてくるのか、楽しみです。
         006

  三寒四温の温かな日に、建部町へセツブンソウを見に行きました。
  少しピンクがかったものと、真っ白なのと、2種類ありました。
    001003
              002
    遠くから見ると、まだ山裾に雪が残っているかのようでした。