涼やかなガラスが並びました。
 遊びごころ満載です。
 004
 



これは何に使うもの?と
つい訊いてしまうのですが、
いえいえ、使い方などなくて
いいのです。
置いて、目で楽しんで、手に
とって遊んで、、、




001         





五月の風が渡る和室で
お茶などいかがでしょう。



001






ガラス作家
左:白神典大さん
中:坂根秀子さん
右:尾崎加奈さん