茶房&ギャラリー遠音 Blog

岡山市南区にある『茶房&ギャラリー遠音』のあるじが綴る、遠音のこと、日々のこと。

2021年01月

  新春の遠音は、絨毯やキリムが華やかさを演出しています。
  和室にペルシャ絨毯を敷いて、アンティークのテーブルや椅子を置いたら、大正モダン
  になりました。広縁のテーブルの下は、キリムです。(広縁の小テーブルは非売品)
  これらの家具、絨毯、食器など、また大切に使ってくださる方へお譲りしています。
 部屋絨毯ペルシャ絨毯ウール 細部
   キリム椅子下ランプグリーン

   かつて、ド根性大根というのが話題になりました。アスファルトの割れ目から芽を
   出して、逞しく育った大根です。
   ところで、こちらは根性無しバージョン。セクシー路線です。アンラ、ま! 
    大根 湯舟大根 テーブル



  2021年が始まりました。コロナを脱して、よき一年となりますように。
     ラフランス
   
   さて、1月の遠音は「私の暮らしを彩ってくれたものたち」展です。
   還暦を過ぎた一人の女性が、長年好きで集めてきた多くのものを、断捨離したいと
   考えました。それらの品々が、また誰かの元で役に立ち、可愛がられることを願って
   送り出したいそうです。
   一月展DM
    陶磁器:主に明治大正期のもの。絵付け、印判など。大皿、小皿、豆皿、壺など。
    家具:李朝のバンダチ(半閉櫃)、アンティーク家具、ペルシャ絨毯など。
    その他:ランプシェード、漆塗りお膳など。
   

このページのトップヘ