茶房&ギャラリー遠音 Blog

岡山市南区にある『茶房&ギャラリー遠音』のあるじが綴る、遠音のこと、日々のこと。

2018年12月

  遠音の二人展が始まると、寒風が吹き始めました。 さあ!冬です。
  すっぽりと帽子をかぶり、セーターの胸に銀のアクセサリーをさりげなく。
  顔を上げて、風を切って、歩きましょう。
   会場 ストーブ 庭側から
   たいちゃん 座卓猫ブローチ

          たいちゃんテーブル
   
  今年もムベと美男カズラをいただきました。
  倉敷のその方のお家には、屋根まで登る勢いのムベ(郁子、蔓性植物)がいっぱい実をつけ、
  それを狙って小鳥が来るので、フン害が絶えないそうです。ムベはアケビに似た実をつけま
  すが、それより丸くて、殻は固くなりません。美男葛は鈴のような、金平糖のような愛らし
  さです。どこが美男なんだか??
   2ムベと美男かずらムベと美男かずら

  

 

  はや師走となりました。平成最後の師走です。
  このところ暖かくて、寒風は影をひそめていますが、そのうち瀬戸内上空にも寒気団が
  やってきます。そうしたら、ト・プロ-ヴァトのもこもこの毛糸の帽子が出番です。
  この帽子は、信州に住む前田直美さんが、染めて、紡いで、手で編んだもの。
  夏に蕗(ふき)を大量に採ってきて、焚火をして、大鍋で染めたら、うぐいす色になった
  そうで、それを帽子に編み込んだ、直美さん色の作品が楽しみです。
  銀細工の佐藤菜穂子さんは、岡山市内の工房で、動物や鳥などをモチーフにした銀の
  アクセサリーを作っています。菜穂子さんのデザインは、どれもちょっと愛嬌があって、
  動物たちがぽそぽそと何かつぶやいていそうな風情があります。どこか彼女に似ているかも?
           12月展 写真

  
   先だって、国際ホテルの下にある松琴寺へ紅葉狩りに出かけました。
   境内の一隅に小さな庵があって、そこからの眺めも楽しんできました。
  紅葉 1紅葉 2
       萬松庵
   その庵の下に、この季節には不似合いな白いタンポポが咲いていました。
   外来種らしいけれど、やはり暖冬のせいでしょうか??
   1白たんぽぽ 白たんぽぽ 2


   
  

このページのトップヘ