まだ5月末というのに、はや四国は入梅した模様。中国地方も、間もなくでしょう。
  これから蒸し暑くなってくると、肌触りのいい綿や麻の布が嬉しいですね。
  今年も6月は、こはら恵子さんの自然素材の布展です。恵子さんがデザインしたエプロン
  ドレスや、ワンピース、ポーチなども。大ぶりな布はテーブルクロスにも最適です。
  彼女の感覚で選ばれた布たちは、どれも、人の肌や暮らしに、すんなりと馴染むものばかり。
  手に取って、その感触をお楽しみください。
   DM6月展

 

  遠音から車で20分も行くと、藤田の田園地帯に入ります。ここは名だたる干拓地で
  下の写真のような風景が広がります。今は、見事に麦が実って、まさに「麦の秋」。
  秋ではないけれど、「麦の秋」。この豊かな実りを愛でる俳句の季語です。
    藤田 麦の秋

   ある日突然、本当に突然、遠音の庭のもみじが枯れました。前日まで青々として、何の異変も
   なかったのに、朝起きたら、葉は茶色に縮れて枯木になっていました。
   晴天の霹靂とはこのこと。狐につままれた気分です。合点がいかないから、友人の樹木医に
   緊急連絡しました。
   樹木医は慌てず「幹の根元にカミキリムシの幼虫が入ったのだろう。もみじは美味しいから 
  (メープルシロップ?)喰われるんだ。その樹はもう諦めることだね」と言います。
   それにしても、一夜で??・・・あり得るそうです。幼虫が樹皮の中に入ってぐるりと一周し、
   水脈を断つと、一夜で枯れるとか。仕方なく、庭師さんに頼んで伐採。
    枯れもみじ 本体伐採作業
          もみじ一面