茶房&ギャラリー遠音 Blog

岡山市南区にある『茶房&ギャラリー遠音』のあるじが綴る、遠音のこと、日々のこと。

 野山はいま、セツブンソウの花の盛り。
 御津町天満に群生地があります。
  008                          
    

















 006 
 

10センチにも満たない
丈で、枯葉の下から顔
を覗かせていました。

ぼたん雪がふんわりと
舞い降りたように儚なげ
です。                 
 

















 ここにも小さなお客様が。。。
 ななちゃんで~す。
DSC02017 

 遠音の小さなお客様。
 ハッサクを半分に切って置いておくと、
 ほら、こんな可愛いお客さまです。
 目のまわりが白いからメジロ。
 遠音の庭には、いつも2羽、つがいで
 やってきます。
 DSC02014


















 
 メジロは、木の枝などにずらっと並んで押し合いへし合いしていることから、
 物事がぎっしり並んだり続いたりする様子を、「目白押し」というのですって。


 2月の遠音は、「続・遠音の器たち展」です。
 時を経て寂びた色合いは、日だまりによく似合います。
 立春のころの薄日で撮りました。
 006












 





 蜂蜜レモンはいかが?
 002



季節限定の
メニューです。














 下の写真は、お正月ころに撮った庭のレモン。市販のものより
 ころんと丸くて、かわゆいのです。
 それをシロップ漬けにしました。蜂蜜を加えて、お湯で割って、
 蜂蜜レモンはいかが?
 無農薬、有機栽培だから、皮まで食べても安心です。

010

   ↑
このレモンが
メニューになり
ました。

  庭先に小さい春を見つけました!
  
  004


クリスマスローズの花芽が、ほら、
こんなに膨らんでいます。


あと半月もすれば、立春ですね。
 
 











  こんな寒さの中に、蝶々をみつけました。
  河原なでしこの枯れ茎にぶら下がって、動きません。
  凍て蝶(いてちょう・俳句の季語)です。
  成虫で越冬する蝶々が、日だまりにやってきたのでしょう。  
  
  凍蝶の肩にとまりぬ生きよ生きよ    ろくや  006  


このページのトップヘ