茶房&ギャラリー遠音 Blog

岡山市南区にある『茶房&ギャラリー遠音』のあるじが綴る、遠音のこと、日々のこと。

  豪雨とラグビーに心を奪われているうちに、寒くなってきました。
  被災地に、これからの寒さが祟らないよう、願うばかりです。
  ラグビーは、にわかファンになって、熱くなりました。

  さて、11月の遠音は、八木沙織さんの陶器と、藤山啓子さんのフェルト展です。
  八木沙織さんは埼玉県在住だから、一連の豪雨を心配したけれど、幸い被災はしなかった
  ものの、夜中ずっと携帯が鳴り響いて、眠れなかったそうです。
  風雨にも負けず、沙織さんの器はしなやかです。柔らかな風合いの中にも、きちっと
  芯が通っており、安心して見ていられます。土鍋、深鉢、皿、花器、おちょこなど。
  冬支度に土鍋を沢山用意したそうです。
  藤山啓子さんは、羊毛(原毛)を叩いて固めたフェルト地で、バッグ、襟巻、コースター
  など、楽し気な作品たちです。生成りというのも魅力で、どれも素朴な味わいがあります。
  11月DM 

  
  岡山市賞田にある、賞田廃寺跡へ行ってみました。
  賞田廃寺は、7世紀中ごろ、土地の豪族によって造営されたと考えられているそうで、
  日当たりの良い小高い山裾にあります。金堂、東塔、西塔などの礎石が残るばかりの、
  だだっ広い草原です。赤トンボの季節には大群が舞いそうな場所で、そう思うだけでも
  ワクワクします。古代のロマンの残るここは、もしかして、パワースポットかも。
  賞田 石碑賞田 礎石 草の中
      賞田 風景
              賞田 発掘当時
    

  今回の台風19号により被災された各地の方々に、謹んでお見舞い申し上げます。
  日に日に被害状況が明らかになり、拡大しています。心痛む思いです。

  ここ中国地方は台風の影響もなく、ただいま西尾絞り展を開催中です。
  のれん、タピストリー等の大物の他、ランチョンマットやコースターなどの小物も展示
  しています。
  写真中は、西尾さん持参のアケビの実。
  写真下は照明器具。玄関や廊下のフットライトに使うと素敵です。
   展示 床の間
   あけび 3個
                  照明 みどり

  遠音の庭のオリーブの実が、ちらほら色づいて、収穫の時を迎えました。
  とりあえず1キロほどとって、塩漬けにしました。
  塩漬けといっても、そう簡単ではありません。まず、薄い苛性ソーダ液に一晩浸けて、
  アク抜きをします。アクで真っ黒になった液を捨てて、水が透明になるまで、2日かけて
  10回ほど水替えをします。もう水が濁らなくなったら、塩水を作って漬けます。
  そのまま2日置いて、完成! 
  カリカリとした食感と軽い塩味が、ワインのおつまみにぴったりです。
  オリーブの樹オリーブの実 収穫
 オリーブ 瓶 黒い汁全体オリーブ瓶 黒い汁オリーブ 瓶 1
 
  

  台風に翻弄されているうちに、すっかり秋になりました。
  10月は、西尾正道さんの、絞り染展です。
  西尾さんは、かつて名古屋の有松絞りで修行をされており、その腕の確かさには定評が
  あります。西尾さんの工房は、岡山県境に近い鳥取県佐治町にあり、その緑深い谷間で、
  自然と同化しながら、制作を続けておられます。
  工房のまわりは山野草の宝庫らしく、それらをこよなく愛し、守り、自らを「楽園の
  番人」と呼んで、制作の傍ら、保護に心を注がれています。
    西尾さんDM 
              のれん

  秋の味覚と言えば、そうそう、マツタケ。だけど高価になってしまって、秋の味覚から
  外されそうな「松茸」。その松茸をいただきました!、と言っても、カナダ産です。
  匂いは少ないけれど、食感は変わらず。さっそく松茸飯とすき焼きに。
  おまけに栗も届きました。秋満載です。ごちそうさま!
   まつたけ 1松茸2
          くり  いがぐり




  
  

  木工の児玉正和さんと、磁器の伊藤岱玲さんのコラボ展が始まりました。
  何と言っても、児玉さんの欅の拭き漆椅子は、存在感が圧倒的です。この椅子ひとつ
  あれば、かなりの空間を支配できそうです。
     メイン椅子
  たっぷりした漆の楕円盛器に、岱玲さんの白磁のうつわが、よく映えます。この盛器に
  握り寿司を盛ってもいいし、おにぎりとお漬物でもいいし、サンドイッチだっていい
  でしょう。重宝する盛器です。
   黒塗り台 白磁
                   窓辺 器
     ボードに器乾漆 茶碗

  サルナシ(猿梨)の実をいただきました。山中に自生しているものと、栽培しているのが
  あるそうです。小粒でブドウくらいな実の方は、甘さより酸っぱさが勝っています。
  割ってみたら、こんな瑞々しい翡翠(ヒスイ)色でした。
  少し大きめの種類は、キューイフルーツの5分の1ほどの大きさですが、甘さ抜群!
  キューイと同じ味がします。
  
        猿ナシ
                    さるなし 輪切り
    さるなし 大 輪切り
 




  


  今年も酷暑の夏でしたね。35度を超えても、もう誰も驚かず黙々と耐えている、、、という
  のが夏の定番になりました。この調子で上がり続けたらどうなるのか、心配です。
  さて、ここ2、3日、暑さも一段落したところで、9月展のご案内です。
  9月は、木工の児玉正和さんと、磁器の伊藤岱玲さんのコラボ。お二人は同い年で、共に
  丹波篠山に移住して、制作に励んでいる仲間です。
  児玉さんは、遠音では2度目の作品展。椅子やテーブルの大物から、トレーや菓子器など
  の小物に至るまで、用の美に即して、無駄のない美しいフォルムです。日本民芸協会の会員
  でもある彼の、力量をご覧ください。
  陶芸の伊藤さんは、白磁に染付の、優しい感じの器が得意です。奥様の花青さんが絵付を
  担当。使いやすく品のいい、暮らしの器が並びます。
       9月展DM

       
  児島の由加神社へ登る旧道沿いの谷に、ブルーカフェというマイナーなカフェがあります。
  マスターが一杯のコーヒーを、愛おしむようにそれはそれは丁寧に淹れてくれます。
  そのカフェの窓辺に、山雀(ヤマガラ)がやってきます。人懐っこい鳥で、掌に載せた
  ヒマワリの種を啄ばんでゆきます。真向いの樹の枝にも、次の山雀が待っていますよ!
  滝 山雀 マルタ
          山雀 掌 ジュンコさん

  

このページのトップヘ