茶房&ギャラリー遠音 Blog

岡山市南区にある『茶房&ギャラリー遠音』のあるじが綴る、遠音のこと、日々のこと。

  八月の遠音は、夏休みです。
  9月から、またよろしくお願いいたします。

  酷暑でコロナの上に、台風が日本を狙っています。
  豪雨やら台風やら地震やら、災害は忘れる間もなくやってきますね。

  遠音の庭に、羽黒トンボの群が棲みついています。初夏あたりから、ふわふわと
  木陰を飛ぶのですが、普通のトンボのようにスイスイ飛ばないから、どこか優雅で
  貴婦人のようです。 暑い時は、樹々の茂みで過ごすらしく、夕方水遣りをすると
  ふわふわと出てきます。遠音の庭は、羽黒トンボのお宿です。 羽黒トンボ2羽黒トンボ1



  

  

  8月になりました。皆さま、いかがお過ごしでしょうか。
  オリンピックは半ばを過ぎ、コロナは増え続け、猛暑は容赦のない日々です。
  暑いし、コロナだし、オリンピックだし、、、クーラーの中でテレビ観戦しかなさそうです。
  
  ところで、夏野菜のズッキーニ。
  ズッキーニがすっかりポピュラーな野菜になって、今はスーパーに出回っているけれど、
  いったいどのような状態で育つのか、知らない方も多いのではないでしょうか。
  その形状からして、ゴーヤやキュウリのように、蔓にぶら下がっているんじゃない?
  実は私が、そう思っていたから、実態を知った時のオドロキは新鮮でした。
  ズッキーニはカボチャの仲間で、こんな状態で育つのです!!
 ズッキーニ2ズッキーニ

  

  8月の遠音は、例年のように、夏休みとさせていただきます。
  コロナとオリンピックとこの暑さと台風と、それらが重なって、もう何が何だか。
  どうぞ皆さま、ご自愛のほど。9月にまたお目にかかりましょう!



   オリンピックまで、あと3週間を切った。コロナ第5波と重なりそうな気配だ。
  そんな心配をしていたら、あれ、ま、目の前のパソコンの具合がおかしい。
  心配ごとは、こんな近くにありました。
  というわけで、どういう具合か、ブログに写真をUPできないのです。
  写真のないブログは味気ないけれど、しばしのご辛抱をお願いいたします。

   さて、今月の神戸光昭・淑子ご夫妻は、備前焼と日本画のオシドリ作家夫婦。
  邑久町山田庄の、小高い山の樹々の中にお住まいです。
  このコロナ下だし、なんか面白いことして遊ぼうか、ということで今回は遊び心満載の
  展示となりました。(写真がなくて申し訳ない)
  光昭さんは、あったらちょっと面白い、という小物たち。備前焼のビアマグ、小皿、
  鉢や花入れ、香炉など。
  淑子さんは、木片や布などに得意の絵付けをした銘々皿、ブックカバー、うちわ、扇子
  など。日々の暮らしを楽しむアイディアを提案します。
  まずはご夫妻が一番に楽しんでおられますから、どうぞ、気軽にお越しください。

 

  遠音の5月展は、岡山におけるコロナ感染者急増のため、休業しておりましたが、
  6月は開催いたします。
  梅雨でもあり鬱々した気分が漂いますが、キラめくアクセサリーで気分を上げるのも
  いいですね。
  今回は、初の試みとして、強化ガラスのペンダントトップが出展されます。
  軽くて強くて、涼し気で、夏向きのアクセです。
  中心は、尾崎敬徳さんの金、銀の装身具(ブレスレット、イヤリングなど)ですが、
  他に、工房のビーズのネックレスなども展示いたします。
      6月展DM

  
  今年も、シチダンカという、珍しいアジサイが咲きました。江戸末期、シーボルトが六甲山中で
  発見したアジサイの原種だそうで、以来、見つからず、昭和30年代に再発見されるまで、幻の
  紫陽花と言われてきたそうです。その後、愛好家らが挿木で増やして、今日に至り、遠音まで
  辿りつきました。遠音に来て、数年になります。
     シチダンカ これ
           シチダンカ 大




  

このページのトップヘ