茶房&ギャラリー遠音 Blog

岡山市南区にある『茶房&ギャラリー遠音』のあるじが綴る、遠音のこと、日々のこと。

   Y氏コレクションの中から、リトグラフとデッサンをご紹介。
   こんなシックな色みの似合うお部屋は、きっと素敵です。
   9月展 緑夫人裸婦9月展 
     
   暮らしの器は、お月見用にちょっと趣向を凝らして、お膳にウサギさんを飾りました。
   一輪挿しにススキを1、2本入れてもいいですね。 右は、洋物。
    ウサギ9月展 9月展 鏡にカップ

   庭のヤマボウシが可愛い実をつけました。春は花を愛で、秋は実を飾って愉しみます。
   実は、飴玉くらいな大きさで、ほんのり甘くて、ポポの実のような味がします。
   あら、ポポを知らない? ならば、アボガドの食感に、少し甘みを足してみてください。
   「ええっ! 食べられるの?!」と驚かれます。そうね、ふつう、人は食べませんね。            
           山法師実 1個
     






  きょうから9月。二学期です。遠音も9月展が始まります。
  Y氏コレクション展_

   魚たちの泳ぐ姿を見るのが好きで、時々水族館に行きたくなります。 
   何てことない魚が、なんてことなく群れる様子を、飽きず眺めます。
   筒の中にぎっしり詰まって、頭だけ出しているのは、アナゴさん。
   筒と筒の間に一匹だけ、仲間に入らないのがいます。(見えますか?)
   「オレは群れるのがキライなんだよ。なんだ、あいつら、嬉しそうに頭並べてヨォ~」
   な~んて、やせ我慢言ってるのかも。
    あなごの巣
                   クラゲ



   夏休みも終盤に入りました。
   そろそろ、次なる9月展のお知らせです。
   9月は「Y氏コレクション展」と、同時開催の「暮らしを彩る小さな器たち展」。
   「Y氏コレクション」は、絵画、デッサン、彫刻など、Y氏が家庭内に秘蔵されていたものを、
   興味をもって引き取ってくださる方に、廉価でお譲りしたい、というものです。
   同時開催の「小さな器たち展」は、よしおか美術さんと、ゆか屋さんの出品です。
   このごろ、古いものに魅かれます。古き良きものたちに、心が動きます。
  Y氏コレクション展_


   私の夏休みは、今年も、軽井沢と東京へ。友人の別荘での数日は、別天地でした。
   散歩に出て、雑木林の道端で、お花を摘んできました。こんなにいっぱい。
   朝食とティータイムはヴェランダで、ゆっくり、ゆったり。
        野草 軽井沢
   別荘 遠景モーニング 別荘
  

    8月は夏休みです。遠音も休業させていただきます。
  ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  
  梅雨が明けました。とたんに太陽がギラギラ、まさに灼熱の真夏日です。
  熱中症要注意! 「差し迫った用事がなければ、自宅にいて身の安全を確保して
  ください」という、災害時のアナウンスを思い出すほど、不穏な炎天です。
  
  遠音7月展が終了しました。暑い中を、ありがとうございました。
  今回、ハウス(写真 右)が大人気。ひと口サイズのお菓子くらいな大きさで、なんとも
  愛らしいのです。遠音のトイレにもお目見えです。
   ガラス展ハウス

  7月展の期間中に、今年もユウスゲが咲きました。
  夕菅は名前のとおり夕方から咲くから、遠音が閉店するころに、やっと開きます。
  お客様にみていただけないのが、残念です。
    ゆうすげ
   
  山野草のフシグロセンノウが、咲きました。一輪だけ。でもよくぞ咲きました!
  県北の野山や信州などに咲く花だから、街の中で咲かせるのは、なかなかなのです。
           フシグロ

   7月の遠音は、白神典大、坂根秀子、尾崎加奈「オモイのカタチ展」です。
   白神さんは、Glass ten studioの主宰。そのガラス工房で、教えを受けながら制作して
       いる坂根さんと尾崎さん。
   ボスの白神さんで30代後半の、若い作家さんたちです。若い分、想いが先行するかと
   思えば、そうでもなくて、落ち着いた作品を見せてくれそうです。
        7月のDM

     ハートの形のオリーブの葉を見つけると、嬉しい出来事があるのだと言って、押し花の
     ように手帳に挟んで持っている方がいます。小豆島のオリーブ園で見つけてきたのだとか。
     そのオリーブ園には、ハートの葉を探しに、次々と人々が訪れているそうです。
     遠音には、6本のオリーブの樹があります。それならばと、探してみたら、ありました!
     なにかいいこと、あるでしょうか??
          ハートのオリーブ


このページのトップヘ